MENU

体臭が気になる!エクリン腺とワキガの関係を調べてみた!

ヒトの汗腺には主に2種類あり、体温調節のため汗を分泌するエクリン腺と、野生動物が個体間を関係づけるフェロモンを分泌するアポクリン腺があります。

 

アポクリン腺から出る汗は運動をした後にかく汗と異なり、タンパク質や尿素など水分以外の成分をを多く含んでいるため粘度が高く、皮膚常在菌に分解されると臭いを発するので、ワキガの原因となることが知られています。

 

エクリン腺は通常ほぼ全身に分布しているのに対して、アポクリン腺はワキの下や陰部、耳の中など特定の部位にしかなく、存在する数にも個人差がありワキガの人は多くなる傾向があります。

 

このため、エクリン腺の汗はワキガとは関係ないと思われていますが、アポクリン腺が多く、ワキガ体質の人がエクリン腺の汗をかくと、以下のような理由から体臭が強くでてしまうことがあります。

 

ワキガの臭いが拡散する

主にワキガの臭いの原因となるアポクリン腺は、体の一部分にしかありませんが、エクリン腺は毛穴と独立しているため、手のひらや足の裏なども含め、ほぼ全身に分布しています。

 

特にアポクリン腺の集まるワキの下にも多く分布しているため、アポクリン腺から分布された汗が、エクリン腺で分布された大量の汗に溶けて、衣服などに染み込み広範囲に広がると、臭いが拡散されやすくなります。

 

汗をかいたらすぐに拭いたり、可能ならば衣服を着替えるなど対処していきましょう。

 

汗の臭いが混ざってワキガ以外の臭いが発生する

エクリン腺からかく汗は99%が水分で、その他はナトリウムやカリウムなどのミネラル、尿素、乳酸などでほとんど臭いはありません。ただし、汗をかいたまま放っておくと、皮膚常在菌によって汗の成分が古い角質や皮脂と一緒に分解されることで、臭いを発します。

 

また、エクリン腺に含まれる水以外の成分が、雑菌が繁殖しやすいアポクリン腺の汗に混ざることで、複雑な臭いが生まれる恐れがあります。運動不足などによってエクリン腺の機能が低下していると、エクリン腺の汗に含まれるミネラルなどの濃度が増えて、さらに体臭が発生しやすくなります。

 

湿度が高く雑菌が繁殖しやすくなる

エクリン腺から出る汗は一度に分泌される量が多く、蒸発する気化熱で体温を下げるほか、皮膚表面を保湿する役割もあります。しかし湿気で蒸れやすく、ワキガの臭いを発生させる雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

 

特にワキの下は、汗が蒸発しにくく、こもりやすいので、体臭を生み出す温床になる危険がありますから、汗をかいたらこまめにふき取ったり、汗を吸い取るパウダー配合の制汗剤を上手に使用して対処しましょう。

 

まとめ

ワキガの原因となるのは、アポクリン腺による汗で、エクリン腺は関係ないように捉えられていますが、エクリン腺から分泌された汗をそのままにしておくと、ワキガの臭い発生を加速させたり、さらに複雑な臭いを作り出したりすることがあります。

 

汗をかいたらそのままにせず、雑菌が繁殖する前に拭き取って清潔に保つことが大切でしょう。

このページの先頭へ