MENU

アポクリン腺の数は遺伝?ワキガも親の遺伝だから仕方ない?

ちゃんと体を洗って清潔にしていても、臭ってしまうワキガは生まれつきの体質的な問題ですが、親からの遺伝はどの程度影響があるのでしょうか。ワキガと遺伝の関係について調べてみました。

 

ワキガ体質は遺伝しやすい

ワキガの臭いの強さは、食生活や皮膚常在菌の種類や量に影響される部分もありますが、大きな要因の一つが、ワキガの臭いの原因となる汗を出すアポクリン腺の数です。

 

皮膚に分布するアポクリン腺の数は生まれつき決まっており、遺伝が大きく影響しています。例えば両親のどちらかがワキガ体質であれば、子どもにも50%の確率で遺伝し、両親ともにワキガ体質であれば、80%もの確率で子どもにもワキガが遺伝します。

 

ただしアポクリン腺が活動的になるのは、思春期以降であるため、生まれてすぐはワキガかどうか判別できません。もし子どもがワキガなのかどうか気になる場合は、第二次成長期前後を注意して見守りましょう。

 

分泌される汗の質は変えられる

このように高い確率でワキガ体質が子どもにも遺伝するのは仕方のないことです。しかし、もし遺伝的にワキガになる可能性があることが事前に分かっていれば、自分で気づきやすく、早目に対策をすることができます。

 

ワキガを治すには手術しかないという印象がありますが、クリームタイプの制汗剤を使用したり、臭いを防止する衣料用消臭剤などを上手に利用すれば、臭いを防ぐことができるでしょう。

 

ワキガの原因となる汗を分泌するアポクリン腺の数は、遺伝的に生まれつき決まっていますが、アポクリン腺が汗を出す量や質は、ある程度コントロールすることができます。

 

ワキガ体質の人の割合は、人種によって差があり、欧米人では80%の人がワキガ体質であると言われています。しかし、これはアポクリン腺の数によるものだけでなく、食生活の違いも大きく影響していると考えられています。

 

欧米では伝統的に肉類や乳製品を多く摂りますが、肉類や乳製品の動物性タンパク質は消化されにくく、胃腸に長い時間とどまってアンモニアなどの臭い成分を発します。これらの臭い成分の一部が汗にも分泌されることがあるので、体臭の原因となるのです。

 

動物性タンパク質は体を作るのに必要なアミノ酸を豊富に含んでいるのですが、体臭が気になるようなら、摂取する量に注意すると良いでしょう。

 

まとめ

ワキガの原因となる汗を分泌するアポクリン腺の数や大きさは、遺伝的に生まれつき決まっており、比較的高い確率で子どもに遺伝します。しかし、分泌される汗の質は、食生活などで変えることができるので、遺伝だからと悲観せず、上手に対処していきましょう。

 

このページの先頭へ