MENU

ムダ毛を脱毛するとワキガ臭になる?アポクリン腺との関係性

気温が上がって薄着の時期になると気になるのが、ムダ毛の処理と汗の臭いではないでしょうか。

 

以前に比べて、脱毛サロンやエステの脱毛が低価格になり、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛といった方法でムダ毛を脱毛してしまう人が増えているようですが、脱毛したことによってワキ汗やワキの臭いが気になり始める人もいるようです。

 

そこで、脱毛と臭いの関係について調べてみました。

 

脱毛によってアポクリン腺が増えることはない

ワキガの臭いの元となる汗を分泌するアポクリン腺は、毛穴部分に開口しており、ワキの下に多く分布しています。

 

脱毛といえば、まずワキ毛から始める人が多いようですが、脱毛によってワキ毛の毛根に刺激を与えると、アポクリン腺にも影響を与えて、臭いが強くなるのでは?と心配されるかもしれません。

 

しかしアポクリン腺の数は生まれつき決まっており、アポクリン腺は主に性ホルモンによって活発に働くようになるため、脱毛などの刺激によって、新たにアポクリン腺が増えてわきがになるということはほとんどないでしょう。

 

もし脱毛したことで、ワキの臭いがきつくなったように感じるのならば、脱毛によって開いた毛穴に皮脂や汗が溜まったことで臭いが発生しているのではないかと考えられています。

 

また、脱毛によって汗の量が増えたことも、臭いの発生に関連しています。

 

脱毛によって汗の量が増えたと感じる人がまれにいるようですが、これは、脱毛前は、ワキ毛に吸い取られたり、ワキ毛の表面に付着していた汗が、直接衣服に分泌されるようになるため、汗が増えたと感じられるようです。

 

衣服に染み込んだ汗をそのままにしておくと、無臭の汗でも雑菌が繁殖することで臭い成分が生まれますので、汗をかいたらきちんと拭いたり、可能ならば着替えましょう。

 

脱毛でワキガ臭が減少することもある

脱毛をすることによって、ワキの臭いが強くなるように感じる人もいますが、逆にワキガに悩んでいた人が、臭いの減少を感じることもあります。考えられる原因として、まず単純に雑菌の住処となるワキ毛が無くなったことが挙げられます。

 

わきがの臭いを作り出す雑菌は、ワキ毛と毛穴が接する部分に多く繁殖しているのですが、脱毛によって根本から毛が無くなることで、今まで存在していた雑菌の住処が無くなり、臭いが軽減するというものです。

 

また、美容クリニックなどで行われる脱毛方法の一つである、針脱毛という方法では、毛根一つ一つに絶縁針を刺して熱ダメージを与えて毛根を死滅させます。アポクリン腺は、毛根とつながっているため、針脱毛によって一部分がダメージを受けて汗の量や臭いが減ることがあります。

 

まとめ

脱毛することで、ワキの臭いが気になるようになったり、今まで悩んでいたワキガ臭が軽減されたりすることがありますが、アポクリン腺の数は先天的に決まっているので、脱毛がきっかけでワキガになることはほとんどないと考えられます。

 

いずれの場合でも、アポクリン腺はワキの下に集中していますので、ワキを清潔に保つことが臭い軽減のためには重要です。

 

このページの先頭へ